夏の汗かきで私が心がけていること

夏に外出すると必ず背中にびっちり汗をかきます。

仕事をしていたころは、取り換え用のインナーとトップスをもって、毎日オフィスに着いてから上半身は着替えていました。

また着替えた後はデオドラントスプレーで汗を抑えて、汗の臭いがしないように気を配っていました。

また、お洋服を買いにショップに行くときも、取り換え用のインナーとトップスをもって、試着する時に、店員さんや、ほかのお客さんに不快な思いをさせないように、気を配っています。

また、夏はどうしても寝汗をかくので、夜中に起きてパジャマとインナーを取り換えて、再び眠りにつきます。

日中の外出時に汗を抑えるために使っている化粧品は、カネボウSALAのボディーパフパウダーです。SPF20 PA++が入っており、日焼け止めにもなります。

これをデコルテや脇や腕や足にはたくだけで、汗を抑える効果があります。

香りのSALAの香りなので、デオドラントスプレーの代わりになります。

また汗をそのままにしておくと、日焼け止めと相まって、背中やデコルテにニキビができたり、うでの関節にあせもができてしまうので、夕方はシャワーを浴びて、日焼け止めやデオドラントスプレーを落とし、身体を清潔にして、汗をかいたら小まめに着替えるようにしています。

夏は手汗もかきやすいのでテサランで手汗対策もしていかないとと思っています。

コメントを残す